治験ボランティアのメリット・デメリット

q4ecb
治験ボランティアのメリット

治験の参加者は健康な方ばかりを募集しているわけではありません。今現在病気と闘っている方も対象とする募集もあります。

今まで使っていた薬では効果が得られなかった方や、従来の治療法に行き詰まっている方が最新の治療を試すことができ、病気が改善するかもしれません。

日本では新薬が世に出るまでには、とても長い時間を必要とします。だから副作用などの危険性が少なく信頼できるのですが、外国ですでに使用されている薬でも日本では承認されていないことがあります。こうした薬を国の認可を待たずに試せるのは病気の人にとってはメリットになります。

また、自分が試したことで新しい薬や治療法の実用化に貢献できたという満足感も得られるのは大きなメリットといえます。

治験に参加するためには、事前の健康チェックは必然ですから、自己負担せずに人間ドッグを受けられるのはかなりのメリットになります。

さらに、治験ボランティアとして高額な謝礼金が貰えます。

治験ボランティアのデメリット

治験ボランティアに安価することでメリットがある反面、デメリットもあります。
治験を行うための安全性を確認するため、様々な検査を受けなければなりません。そのため何度も通院しなければならず、忙しい人にとってはその手間や拘束時間が長いことが負担になります。

また、治験ボランティアをするにあたって一番の気がかりは副作用です。
安全には細心の注意をしていますが、どんな薬でも程度の差や個人差はありますが、何らかの副作用があります。治験においても副作用の危険は全くゼロとはいえません。

治験に参加する際の説明で、その点の説明はされますが、疑問に思うことは必ず説明を求めて納得してから参加することが重要です。

また、患者さんが治験に参加する場合は、グループ分けをされることがあります。
有効な治療や投薬を行わないグループと効果があるであろうとされるグループです。
自分がどちらのグループなのかは最後まで知らされません。ですから治験に参加したからといって必ずしも新薬を使用しているとは限らず、病気が改善されるという希望が叶えられるわけではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>