治験ボランティアサイトに登録しよう

itcGB
治験ボランティアに興味を持って参加したいなら、大手の信頼できる治験ボランティアサイトに登録をしましょう。
自力で治験に参加するのは難しいうえ、もしかしたら危険な案件かもしれません。
治験に参加してお金を稼ぐつもりが、支払うような結果になることもあります。

そうした被害を防ぐためには、大手の治験モニターサイトに登録しましょう。

「JCVN治験ボランティア」は治験モニターサイトのおすすめランキング1位です。
募集条件は日本国籍を持つ20歳以上の男女。東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、京都府、兵庫県、福岡県在住者となっています。

治験ボランティアの活動内容は、新薬の治験、健康食品、サプリメントのモニターなどです。特定の疾患を持った方で、最新の治療を受けてみたい男性におすすめのサイトです。

治験モニターサイトのおすすめランキング2位は、「CVS(クリニカルボランティアサポート)」です。
東京都、神奈川県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、千葉県、山口県、福岡県、佐賀県、熊本県、大分県、長崎県、宮崎県、鹿児島県在住の方を対象にしています。

治験モニターの活動内容は、新薬の治験。
疾患持ちの方と健康な方を対象にした治験の2種類についての募集をしています。

CVSのサイトには急募の治験モニター情報が掲載されています。急募は通常より謝礼金が多いことがあるのが特徴です。

◎入院もある治験とは

治験は高額な謝礼が貰えるので、学生などから人気があります。特に入院を伴う治験案件になると、1週間でも10万円近くの謝礼金が貰えることがあります。治験の内容によってはそれ以上となることもあります。

治験での入院は、投薬や治療中以外は自由時間も多く、テレビ、読書、ゲーム、パソコンなどをして過ごすことが多いようです。これらは病院内に設備されていることが多いのですが、無い場合もあるので確認が必要です。

食事については、案件によって異なりますが、病院食とは違う、栄養バランスを考慮した食事が用意されていることが多いようです。ただし、出されたものは全て食べるのがルールとなっています。

もちろん喫煙や飲酒は禁止、外出の制限もあります。そして1日に何度も検査があるという治験もあります。

さらに、入院期間が終わった後も薬などの効果や経過を確認するために、通院しなければいけないケースもあります。入院タイプの治験は入院後の事後検査までが入っているタイプが多いので、謝礼金が高額だからと安易に申し込まず、日程などをしっかり確認しましょう。

◎治験の謝礼金

『新薬』の治験の謝礼金額は内容や期間によって異なりますが、おおよその相場は

1日 10,000~15,000円
入院治験(1泊や2泊3日) 30,000~50,000円
数週間、1ヶ月など通院も含めた長期 20万円以上

と、期間が長ければ謝礼金も高額になります。

『特定保健用食品(トクホ)』の謝礼の目安は

事前検診 3,000~5,000円
臨床試験終了時 10,000~30,000円

ですが、試験期間が長くなれば100,000円になる案件もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>