治験薬で悪影響が出た場合

IdA0d治験は高額な謝礼金があるので、やってみたいと思う方は多いのですが、副作用などが心配で思い切って応募することができないという方も多いのが実情です。

しかし、人間への治験を行うまでには様々な試験を繰り返し行われていて、人への安全性はしっかり確認していますから大きな副作用はないといってよいでしょう。

とは言っても、新薬が生体にどんな影響を及ぼすかを調べるのが治験ですから、なんらかの作用があるはずです。それが検査をしないと現れないものがほとんどで、身体に形となって出たり、体調が悪くなったりする確立はとても少ないのです。

もし、何らかの不具合があった場合はすぐに試験を行っている医療機関へ申し出るようにします。担当医師・看護師が適切な処置を行ってくれます。万が一の健康被害・損失などに対する補償もされています。

治験途中で予期せぬ重大な副作用が起きた場合、つけん審査委員会と製薬会社に連絡されます。そして治験を続行するかの審査があり、重大と判断されれば国への報告が義務付けられ治験の見直しがされます。

治験の途中で事情があって途中で止めたい、止めなければならなくなったら、申し出れば止めることができます。途中で止めたことによって何らかの不利益を受けることはありません。もちろん止めた時点までの謝礼も出ます。

治験ボランティアに向かない人

治験ボランティアは、高額な謝礼がもらえたり、無料で健康診断を受けられたり、病気の方が最新の治療を受けることができたりと、メリットばかりのようですが、色々制約があったりするので、治験に向かない人もいます。

当然ですが、毎日決められた量の治験薬を決められた時間に、回数を守って忘れずに飲まなければなりません。

毎日、決まった細かい項目のフォームに日誌のように記入したり、血圧や体温を測ったりなどの作業をしなければならないこともあります。
そんな作業を何か月も続けるのはなかなか大変なことです。

そして治験期間中は、何度も病院へ行かなければならりませんが、とにかく待ち時間が長いのです。携帯の使用を禁止している病院もあります。長い待ち時間をどう過ごすのかが重要な課題になるのが治験です。

治験ボランティアに参加しようと考えている方は、治験の内容と事前の説明をよく確認して治験を選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>